金融商品の開発から、不動産仲介・販売、損害保険等、様々なお客様のご要望にお応えする三巴産業。

三巴産業株式会社

H25.2.1=募集スタート/元本安全性を高めた安心の不動産ファンド/アンファン2号

アンファン4号の特長

1口50万円/想定配当利回り=年3.8%(税引き前)/募集口数:52口/期間3年/お申込事務手数料無料/いつでも解約可能

不動産投資をもっと安心・カンタンにする商品です。
「アンファン」は、忙しい皆さまに代わり、三巴産業株式会社(以下営業者)が、 不動産特定共同事業法に基づき、不動産の管理・運営を行います。
お客様と営業者が匿名組合契約を結ぶことによって、 運用しているテナントから生まれる収益をお客様へ分配いたします。







「アンファン」は、元本安全性、収益性のバランスが良い資産運用商品です

  J-REIT アンファン4号 個人向け国債
(固定5年)
預貯金
収益 個人・ファンドの
技能による。
リターンとリスクが大きい
年3~8%程度 想定年1.5%
(税引き前)
第75回債
年0.05%
(税引き前)
年0.01%程度
(大口定期預金5年)
換金方法
(投資期間中)
市場売却 市場売却 三巴産業株式会社
又は第三者へ譲渡。
解約
1年間の中途換金
不可能期間あり
解約
特徴 株式市場で価格が日々変動することによって大きな利益が期待できる反面、元本割れや倒産リスクなどで大きな損失を被る場合があります。 株式同様価格が日々変動していますので、大きな利益を獲得する場合もあれば、逆に大きな損失を被る場合もあります。 元本保証ではありませんが、優先劣後システムを採用することによって、元本の安全性を高める仕組みになっています。銀行預金や国債よりも高い配当が期待できる商品です。 銀行預金より収益性は高いですが、中途解約ができなかったり、解約時の受取金が元本より少なくなる場合があります。 元本保証されていますが、低金利です。ペイオフの影響があります。
面倒なことや難しいことはプロに任せ、賃貸利益だけを受け取ることができます。
不動産を共同で持ち、リスクを軽減した「アンファン」は、
不動産特定共同事業法に基づく不動産投資商品です。
不動産特定共同事業法は、不動産投資事業の健全な発展と投資家の利益保護を目的とした法律で平成7年4月に施行されました。 この法律は、事業を行う不動産会社(不動産特定共同事業者)に対して経営内容等に厳しい条件を課しており、 基準をクリアした事業者だけが小口化商品の販売を許可されています。 事業者は、年に1回事業報告書を作成し、監督官庁である都道府県知事に提出し、チェックを受けています。

不動産特定共同事業の許可要件には非常に高いハードルが設けられています


(1)法人であること。
(2)宅地建物取引業者であること。
(3)最低資本金を1億円とすること。
(4)純資産額が資本又は出資額の90%以上であること。
(5)事務所ごとに「業務管理者」が置かれていること。
(6)契約約款の内容が政令で定める基準に適合していること。
(7)事業を適格に遂行するに足りる財産的基礎及び人的構成を有すること。 



アンファン4号の詳しい内容は下記資料請求フォームにてご請求ください。
アンファン4号の詳しい内容は下記資料請求フォームにてご請求ください。